起立性調節障害

起立性調節障害とは?

最近では、よく聞くようになってきましたが、起立性調節障害とは、思春期にかかりやすい病気です。障害とありますが、一生治らない病気ではなく、20才を過ぎた頃から治る方も沢山います。

症状としては、身体が重くめまいや頭痛、吐き気がしたりします。朝起きるのがつらかったり、午前中はしんどいことが多いのですが、昼からは元気になる事があります。

車酔い、貧血などの症状から、起き上がれない等の症状迄様々です。
学校に行けなくなり、辛い時期が多く周囲に理解されず、悩んでいることも多いと思います。

原因がわからず、ストレスでどんどん悪化していくことが心配されます。

たきこ接骨院では、自律神経を整え、内臓の疲れや頭蓋骨の調整を行って、全身を整てていきます。交感神経が緊張しっぱなしで夜が眠れなかったり、朝が辛く起きれない等の症状が悪化するのを防ぎ、改善へと導きます。

起立性障害の施術の仕方|昭和区たきこ接骨院

起立性調節障害の原因の一つである、自律神経の乱れを改善していきます。

頭蓋調整と頚椎調整を手技でしっかりと調整し、星状神経節にスーパーライザーをあて、交感神経の緊張を取り、自律神経を安定させます。

頭蓋骨を調整することで消化不良がなくなるのと同時に、内臓調整をすることできちんと使えなかった横隔膜が使えるようになります。
横隔膜をきちんと使うことで、胃下垂の改善され、しっかりとした呼吸ができるようになり、自律神経も整ってきます。

また、起立性調節障害が思春期のお子様に多い理由が、頭蓋骨が関係しているといわれています。大人になるまで頭蓋骨はきちんと完成されませんので、ストレスや姿勢の悪いお子様は、頸椎の歪みで側頭部がズレていき、脳髄液の流れが悪くなり身体の調節機能のバランスを崩すという悪循環を抱えてしまっています。

そのため、たきこ接骨院では、頭蓋骨調整、内臓調整、頸椎調整を行い、体調不良や心身のバランスを整えていきます。

お近くで、学校にいけない、朝体調が悪いなどで困っているお子様はおられませんか?
是非、お困りのお子様がいらしたら”たきこ接骨院”をご紹介下さい。

起立性調節障害のお悩みの方へ|昭和区たきこ接骨院

たきこ接骨院では、施術前に丁寧な問診や検査を行っています。
検査には、左右の足の重さをみることもあります。脚の重さをみる事で、内臓や肝臓の調子が分かります。
お子さんの中には、片の方の足に力が入らないなどの症状があります。それは、特に胃下垂が原因で左右のどちらに寄ることで力が入らない状態になることが多いです。
不思議なことに、治ると脚が軽くなってきます。しっかりとお一人おひとりの体調を見ながら、施術を行います。
また、同じように施術を行っていても、治りが早いかた、遅い方がおられます。
治療を受ける時は、マイナス思考や自分の考えをすてて、必ず治ると信じて、
強い気持ちで受ける事が大切です。
無理はしなくてよいですが、自分の回復能力を信じ頑張っていきましょう。

起立性障害