顔のアトピー 薬の種類と副作用

2019年04月3日

名古屋市昭和区滝子町にあるアトピーやアレルギーの整体をしているたきこ接骨院です。

この時期は、花粉症でスギの花粉が顔や手に触れて、アトピーがひどくなっている方も多いかと思います。そこで、顔によく塗られている薬の種類と副作用について見てみましょう。

顔のアトピーの薬

キンダベート、リドメックス、ロコイド軟膏・・・顔や首によく塗られているステロイド外用薬

リンデロン軟膏・・・ロコイド軟膏よりも1ランクアップの強い薬で顔以外にも比較的よく塗られている薬

プロトピック・・・免疫抑制剤外用薬ですが、ステロイドではないですが、顔に良く効きます。当院としては、あまりおすすめしていません。おすすめしてない理由は、長期間もぬるには適さず、肌に与える影響が大きく、黒くなる傾向にあります。

ステロイドの副作用

あくまでも炎症を抑えるための一時的なものであり、アレルギーそのものを治すわけではないので、副腎機能低下などの副作用もあります。

当院の考え方

当院でも、一時的に好転反応がひどくなり、塗ることには、賛成です。それにより、ストレスになり、寝不足で症状がさらにひどくなるので、脱ステされた方には、なかなか理解に苦しむところですが、塗ることで、肌のバリア機能ができ、かゆみが変わってきて、寝不足解消され、呼吸機能があがることでアトピー改善が進めていけます。

この記事は、柔道整復師 野村寛也(たきこ接骨院長)が書いています。