手の平の乾燥性アトピーと湿疹

2019年04月16日

名古屋昭和区滝子町でアトピー・アレルギー専門院のたきこ接骨院です。

本日は、手のひらが乾燥し、かゆく、湿疹も伴う方に対してブログを書きたいと思います。

手の平の乾燥

なかなか保湿を塗っても乾燥し、べたべたになるまで塗られている方も多いと思います。

乾燥がひどくなると同時にかゆみを伴うこともあり、湿疹をできると肌のターンオーバーが早くなり、さらに乾燥がひどくなります。

乾燥を防ぐには?

アトピーやカサカサで乾燥がひどいなどを防ぐためには、基本的には、保湿剤を塗ることが基本原則になっています。お風呂は長い入りしないことや洗いすぎないことです。また、

加湿器で60%を保つことや肌着の化学繊維ではなく、綿繊維を選ぶことでアトピーや

乾燥を防ぐことも可能となるので、一つ一つやれる範囲で実行することです。

かゆみを伴い、湿疹がある場合は?

当院でも、脱ステを大変な思いでした方も多くいます。しかしながら、好転反応がひどく出る方もいて、特に何十年とステロイドを塗っている方に多いです。一時的にステロイド塗ることに抵抗がありますが、アトピーによる湿疹や乾燥ではないので、少し塗るだけで、かゆみや乾燥がなくなり、寝不足解消にも繋がります。ストレスがなくなり、アトピーへ改善へつながります。

当院の施術

当院では、まずは、基本的にアトピーの方、横隔膜が動きが悪いので、横隔膜の機能が回復してあげることで、頭蓋骨や内臓機能も上がることで体内の毒素を排出して、アトピーを改善していきます。特に手は、血行不良による要因も含まれているので、内臓機能と血行不良を改善させていきます。ご相談は、いつでも受付いますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事は、柔道整復師 野村寛也(たきこ接骨院長)が書いています。